NTTPCとNTTコム、クラウド型ホスティングサービス「WebARENA CLOUD9」の販売を開始

安定性とセキュリティの高さ、柔軟なリソース変更と料金体系などが特長
よろしければこちらもご覧ください

NTTPCコミュニケーションズとNTTコミュニケーションズは、NTTコムのグループ会社でクラウド技術の米Verioが開発したクラウドプラットフォームをNTTPCが日本向けにローカライズしたクラウド型ホスティングサービス「WebARENA CLOUD9(ウェブアリーナクラウドナイン)」の販売を10月7日始めた、と同日発表した。安定性とセキュリティの高さ、柔軟なリソース変更と料金体系などが特長。クレジットカード払いの場合、オンラインサインアップ後、最短3分で開通する。

リソースの使用状況に応じて、空きリソースのあるサーバーに自動移行し、従来の共用ホスティングサービスと比べ、他の利用者の高負荷によるサーバー停止の影響を抑制。ホストサーバーが故障した場合は代替サーバーに自動移行して自動復旧する。HDD容量は50GBから(最大1TB)、メモリ1GBから(最大16GB)、CPUは1コア共用(最大4コア共用)、OSはCentOS5。基本プランの初期費用5250円、クレジットカード払いは月額4800円、請求書払いは同5640円。

NTTPCコミュニケーションズ
http://www.nttpc.co.jp/

NTTコミュニケーションズ
http://www.ntt.com/

WebARENA CLOUD9
http://web.arena.ne.jp/cloud9/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス