ニールセンが8月のネット利用動向調査結果を発表、利用者の約30%が職場のPCからネットを利用

ビジネスアワーの職場からのネット利用率はピーク時で約80%
よろしければこちらもご覧ください

インターネット調査のネットレイティングスは、インターネット利用動向調査のニールセン・オンライン(Nielsen Online)が提供するインターネット利用動向調査「NetView」データをもとに職場でのインターネット動向の調査結果を10月8日に発表した。それによると、2010年8月時点の家庭と職場からのPC利用によるインターネット利用者数は6063万人。そのうちの約30%に相当する1771万人が職場のPCからインターネットを利用していることがわかった。また、家庭と職場での併用利用者は、921万人で、職場のPCからの利用者全体の52%だった。

時間帯別では、ビジネスアワーの7時から18時までの時間帯は、職場のPCからのインターネット利用率がピーク時の10時から17時で約80%だった。これは家庭からの利用と比較しても、もっとも高い利用率。検索サービス利用者全体の「一人一回あたりの利用時間」は、家庭・職場とも約2分30秒だが、職場での「一人あたりの訪問数(利用頻度)」は29回で、家庭の15回と比べて約2倍の利用回数。ビジネス用途を伴ったシーンでの検索行動の活発さがうかがえる結果となった。

ネットレイティングス
http://www.netratings.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]