ロックオン、ネット広告の新たな効果指標「TCPA」を活用した全体最適化サービス開始

キャンペーン全体を最適化する中で広告を評価、広告プランや分析結果を提出
よろしければこちらもご覧ください

Eコマース関連ソフト開発・販売のロックオンは、同社が設立した研究組織「マーケティングメトリックス研究所」が開発したインターネット広告の新たな効果指標「TCPA」を活用したキャンペーンの全体最適化サービスを始めた、と9月29日発表した。全体を最適化する中で広告を評価し、次の広告プラン、基礎分析、分析結果をレポートで提出する。200万円。

インターネット広告の効果指標として、利益になる成果を1件獲得するためのコスト「CPA(顧客獲得単価)」が広く使われているが、バナー広告やリスティング広告のビッグワード(多く検索されるキーワード)の効果計測には適していないうえ、CPAの追求で全体最適から遠ざかるケースもある。TCPAはそうした弊害をなくし、シンプルな分析で最適な広告の組み合せや予算配分が可能になるという。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

マーケティングメトリックス研究所
http://www.mm-lab.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]