アドビ システムズが「Adobe AIR 2」のランタイムを提供開始

AIR 2 SDKスタンドアローン版のダウンロードは6月15日から

アドビ システムズは、「Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)2」ランタイムの提供を開始した、と6月11日に発表した。Adobe AIR 2で、開発者はAIR 2向けに開発したアプリケーションをMac OS、Windows、Linuxに展開できるようになった。AIR 2 SDKは「AdobeCreative Suite 5」に搭載されるが、スタンドアローン版のダウンロードは6月15日に開始される。

Adobe AIR 2では、ランタイムのパフォーマンスを大幅に改善。AIRアプリケーションに変更を加えずにCPU利用が削減され、メモリー使用も最大30%削減されるという。開発者向けのAPIも多数導入。ネットワーキング用APIも大幅に改良され、マルチプレイヤー用ゲームからエンタープライズ向けのコラボレーション アプリまで、新しいアプリ開発が可能となった。ほかにAIRとOSの結合も緊密化、ファイルシステムのやりとりやボリュームのマウント・アンマウント、印刷APIの改善、NativeProcess APIを使ったネイティブ コードのアプリケーションとの連携が実現した。

アドビ システムズ
http://www.adobe.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]