スカイアークシステム、「CMS ホスティングサービス for MTCMS」を提供開始

専用サーバーにCMSをインストールした状態で提供。サーバー管理やアップデートなどの保守も代行する
[AD]

CMS構築・システムインテグレーションのスカイアークシステムは、専用サーバーにCMSをインストールした状態で提供する「CMSホスティングサービス for MTCMS」を4月15日に提供開始した。

CMSホスティングサービス for MTCMSは、スカイアークシステムがCMSの「Movable Type」をベースに、コンテンツ管理機能を強化して開発した「MTCMS」を、GMOホスティング&セキュリティの専用サーバー環境にインストールして提供するサービス。サーバー管理やセキュリティアップデート、監視、システム保守などはスカイアークシステムが請け負うため、Webサイトのコンテンツに集中できる。

CMSホスティングサービス for MTCMSでは、サーバーの購入やインストールなどの手順なしにCMSの運用を始められる「スタータープラン」と、スタータープランをベースに、要望に合わせた環境を冗長化された専用のウェブサーバーおよびデータベースサーバー上に構築し、MTCMSインストール済みの状態で提供する「ロードバランサープラン」の2つを提供する。ロードバランサープランは専用ラックを用い、最大5台までサーバーを設置可能で、機器変更や回線増設、メモリの増設、CMSの設定変更なども代行するほか、電話サポートにも対応する。

価格は、レンタルサーバーとCMSライセンスの合計。CMSのライセンスを所有している場合、スタータープランが初期費用25万7,500円、月額6万3,000円。ロードバランサープランが初期費用257万5,000円、月額47万2,500円。MTCMSのライセンスを所有していない場合は、別途ライセンスの購入が必要。

CMSホスティングサービス for MTCMS
http://www.mtcms.jp/hosting/

スカイアークシステム
http://www.skyarc.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

死活監視
Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]