ヤフーが「Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル認定試験」を開始

サービス運用の知識レベルを判定、優秀者にはプロフェッショナル認定ロゴ

ヤフーは、リスティング広告の運用・販売関係者を対象にした資格認定プログラム「Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル認定試験」を4月1日開始した、と同日発表した。同試験の結果によってサービス運用のための知識レベルが分かり、優秀者は高度なスキル取得者を示すプロフェッショナル認定ロゴが利用できる。リスティング広告業界の標準資格として能力や知識を客観的に判定する指標を目指す。

受験する場所や日時が自由に選択できる「随時型試験」。47都道府県100カ所の試験場で実施する。アンケート回答を含み所要時間は60分。出題は、Yahoo!リスティング広告サービス一般、スポンサードサーチ、スポンサードサーチ モバイル、インタレストマッチの各サービスに関するガイドライン、システム機能、レポート、問題発見と対処など60問。受験料は6980円。サイトで申し込む。

ヤフー
http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo!リスティング広告プロフェッショナル認定試験
http://listing.yahoo.co.jp/service/professional.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]