ドメインビジネス15社が任意団体「日本ドメイン名事業者協会」を設立

連携してドメイン名の効率的な普及と推進目指す

 国内でドメイン名に関するビジネスを行うGMOインターネット、ファーストサーバ、さくらインターネットなど15社は、ドメイン名の効率的な普及と推進支援を目的に任意団体「日本ドメイン名事業者協会」を10月22日設立した、と同日発表した。理事長には、GMOインターネットの西山裕之専務が就任。事務局はインターリンクに設置する。

 活動内容は、ドメイン名普及・推進支援のための事業企画・実施▽関係団体との連携・交流・支援▽普及啓発や情報の収集・発信▽技術者の人材育成支援--など。初年度は具体的に、アドレス資源の割当管理を行う国際的非営利団体、ICANNなど内外の団体に積極発言を行うとともに、導入が決まった「.日本」を運用・管理するレジストリ選定にあたっての意見収集、ドメイン事業に関する情報発信を展開する予定。

インターリンク(事務局)
http://www.interlink.or.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

JPRS
株式会社日本レジストリサービス(Japan Registry Services) ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]