サイズが少人数のサイト運営に対応するため既存CMSの機能限定版を販売開始

コンテンツの作成・編集に特化してワークフロー管理関連機能を削減
[AD]

ソフト開発、Webサイト企画・制作のサイズは、同社が開発、保守を行うCMS「WebMeister(ウェブ マイスター)2」の機能限定版としてコンテンツの作成・編集に特化した「WebMeister 2 Lite(ライト)」の販売を開始した、と5月19日発表した。WebMeister 2 LiteはWebMeiste 2 から、ページの作成・編集を少人数のスタッフで運営する場合に不要なワークフロー管理関連機能を外し、ライセンス価格を見直した。削減したワークフロー管理関連機能は、承認ワークフロー、ユーザグループ管理、スーパーユーザ権限。

Web Meister 2が持つWYSIWYGエディタ、入力支援テキストエディタ、ページコピー、ページリンクは使用できる。WebMeister 2 には「Standard Edition」と、ニュース配信に関する部分に使用範囲を限定し機能を強化した「News Release Edition」とがあり、それぞれでLiteを設定。料金は、共用ASP版でライセンス費用がそれぞれ180万円、50万円、月額は同18万円から、10万円から。

サイズ
http://www.x-yz.co.jp/

WebMeister
http://www.web-meister.jp/

[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]