「アイル」でショップ構築からの物流までカバーのソリューション「はぴロジ」提供開始

GMOホスティング & セキュリティとブレインウェーブ協業でアイルのメニューに
よろしければこちらもご覧ください

ホスティング事業のGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)と、システム開発・コンサルティングのブレインウェーブは協業し、ブレインウェーブが提供するECシステム導入から運用、物流ソリューションをトータルにカバーする「はぴロジ」を、GMO-HSのホスティングブランド「アイル」のマネージドホスティングサービスで提供開始した、と4月15日に発表した。

はぴロジは「EC店舗部」「自動出荷情報統制システム部(Automatic Shipping Information Management System)=アシムス)」「物流部門部」の3階層から成り、ECショップ構築から商品管理や出荷までをシームレスに行うことができるソリューションサービス。協業で、「アイル」のサーバー環境によってサーバーダウンなどによるECビジネスの機会損失の低減が可能になるという。料金は月間出荷件数600件以上の場合、EC店舗部のサーバー運用費が月額5万2500円から、保管スペース費用は5040円/坪 x 保管坪数、出荷代行費用は1出荷525円。

GMOホスティング & セキュリティ
http://gmo-hs.com/

ブレインウェーブ
http://www.bwave.co.jp/

はぴロジ
http://private.isle.jp/service/recommended/hapilogi/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SEO
検索エンジンからサイトに訪れる人を増やすことで、Webサイトの成果を向上させる施 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]