ベットが共用レンタルサーバーにネットワークセキュリティ定期診断サービス導入

各サーバーやルータ機器に客観的分析に基づいたセキュリティ状態調査を実施
よろしければこちらもご覧ください

ホスティングサービスのベットは、同社の共用レンタルサーバー「シックスコア」で、全プランに情報セキュリティサービスのセコムトラストシステムズのネットワークセキュリティ定期診断サービス「セコムセキュリティ診断サービス」を導入した、と3月26日発表した。セコムセキュリティ診断サービスは2ヵ月に1回、各サーバー、ルータ機器に客観的な分析に基づいたセキュリティ状態の調査を実施。各種評価、セキュリティ対策方法を提供する。シックスコアは、SSLやウェブアプリケーションファイアウォール、スパム検知プログラムを備えるが、さらに安全な環境を提供するため、第三者機関のセキュリティ診断サービスを導入した。

ベット
http://www.bet.co.jp/

シックスコア
http://www.sixcore.ne.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス