IMJモバイルのユーザー動向調査、モバイルネットに接する時間はテレビに次いで多い

生活上の重要度では、テレビや新聞など4マスを上回る結果に

モバイル関連ビジネスのIMJモバイルは、モバイルを中心としたユーザーの生活・意識の定期調査「モバイルユーザー動向定点観測2009」の結果を3月16日発表した。普段接しているメディアはテレビ(97%)、モバイルネット(91%)、雑誌(81%)、PCネット(80%)の順で、モバイルネットに接する時間はテレビ以外の主要4マスコミ(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)より多かった。メディア別の生活上の重要度では、「なくてはならない」の回答が最多だったのがモバイル(73%)で、以下PC(59%)、テレビ(55%)、読書(39%)、新聞(21%)。モバイルとPCは4マス以上に、生活に必要なツールになったことがうかがえた。

年代別のモバイルネット利用率は、10代女性が97%と最も高く、20代男性(95%)、20代女性、10代男性(ともに91%)と続き、若い世代の利用率が高かった。モバイルサイトの閲覧頻度では、半数以上のユーザーがモバイルサイトをほぼ毎日閲覧。年代別に見るとほぼ毎日閲覧しているとするユーザーは10代女性(80%)が最多で、次いで20代男性(68%)、20 代女性(67%)。閲覧頻度は年齢が上がるにつれ低くなり、半面、PCサイトは年齢とともに高くなる傾向にあった。調査はモバイルインターネットリサーチで今年2月9~11日に実施。15~49歳の携帯電話保有者が回答。500サンプルが集まった。

IMJモバイル
http://www.imjmobile.co.jp/

モバイルユーザー動向定点観測2009詳細データ
http://www.imjmobile.co.jp/news/report_20090316-206.html

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]