日本情報化農業研究所がオープンソースCMS「SOY CMS」の新バージョンをリリース

[AD]

ソフト開発の日本情報化農業研究所は、同社が中心に開発しているオープンソースCMS「SOY CMS」の新バージョンをリリースする、と10月24日発表した。SOY CMSはデザインと動作、サイト構成とコンテンツが分離していることが特徴の汎用CMS。最適なデザインと情報設計を、CMS機能に制限を受けることなく自由にでき、CMS導入時のコストを削減するという。今回のバージョンアップでは、動作条件を緩和するとともに、アップロードできるファイルの種類やテンプレートでのPHPスクリプト許可の設定をしやすくし、記事数が増えた場合の管理画面動作の高速化も実施。バグ修正も施した。有償ライセンスは5万2500円で、サポート180日以内3インシデントまで無料。

日本情報化農業研究所
http://www.n-i-agroinformatics.com/

よろしければこちらもご覧ください
[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]