GMOマネージドホスティングがハウジングユーザー向けにロードバランサーサービス開始

よろしければこちらもご覧ください

マネージドサービスのGMOマネージドホスティングは、サーバーなど自社の機器をサービス業者に預けるハウジングを利用しているユーザー向けに、外部ネットワークからのアクセス要求を複数のサーバーへ分散するロードバランサー(負荷分散装置)サービス「LB-sサービス」の提供を開始した、と10月24日発表した。ロードバランサーは、アクセスの増加に耐えられる安定稼動を維持するため負荷対策を行うが、機器調達やシステム運用にコストがかかり、導入をためらう企業が多いのが実情。LB-sサービスでは、2台から4台までのサーバーとロードバランサーを提供。低コストでサイトの対負荷性能と対障害性が向上し、安定稼動が実現するという。サーバー2台で初期費用5万400円、月額3万3600円。

GMOマネージドホスティング
http://www.gmo-mh.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドバテインメント
広告(advertisement)とエンターテインメント(entertainme ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]