アイルの共用サーバーがサーバー稼働率に連動して返金する制度の稼働率値を100%に

ホスティング事業のGMOホスティング&セキュリティは、ホスティングブランド「アイル」の共用サーバー「iCLUSTA(アイクラスタ)」で、サーバー稼働率に連動して返金する稼働率連動型返金制度(Availability Linked Refund System=ALRS)の稼働率の条件を見直し、10月21日に全プランで稼働率の値を引き上げた、と同日発表した。ALRSは規定のサーバー稼働率を下回った場合、その度合いによってユーザーに利用料金を返金する制度。今回、上位プランでは稼働率の値を従来の99.99%から100%に、下位プランは99.9%から99.99%に引き上げた。同社はこれに合わせ、10月31日までに6ヵ月か1年契約でiCLUSTAを申し込んだユーザーを対象に、初期費用全額還元キャンペーンを実施する。

GMOホスティング&セキュリティ
http://gmo-hs.com/

アイル
http://isle.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]