アイレップがリスティング広告による電話効果の測定サービスを開始

検索エンジンマーケティングのアイレップは、リスティング広告の電話効果測定サービスを開始した、と12月6日発表した。ネットビジネス支援のフリービットが提供する測定ツール「Ad SiP inbound analyst」を活用し、ウェブ上での広告効果測定と合わせ、電話での効果も測定できる新サービスとして提供する。これまでアイレップのリスティング広告の効果測定は、ショッピングカートや問い合せフォームなどウェブ上でのアクションのみで、リスティング広告経由のユーザーが電話で問い合わせをするケースも含めて効果を測りたい、との要望が広告主から寄せられていた。

Ad SiP inbound analystは、広告閲覧者から広告主にかかった電話の本数や通話時間などの情報を記録し、広告掲載の効果がコール数で測定できる仕組み。アイレップは、特にモバイルでは広告に記載された電話番号をクリックして電話をかける場合が多く、電話効果測定のニーズは高まっていたといい、電話の効果も測定できる新サービスによって、効果の高いリスティング広告運用戦略の提案も可能になった、と強調している。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]