米IBMがアクセシビリティのためのソフト基盤をオープンソースコミュニティーに寄贈

よろしければこちらもご覧ください

米IBMは、同社が開発したオープンで拡張性のあるアクセシビリティのためのソフトウェア基盤「Accessibility Tools Framework(ACTF)」を、オープンソースコミュニティーのエクリプス財団に寄贈する、と12月4日(現地時間)発表した。ACTFを利用することで、開発者は基盤の開発を考えることなく、目的とするアクセシビリティのツールやアプリケーションを効率よく作成できるようになる。

ACTFは、コミュニティーと研究開発を推進することで新しいテクノロジーやガイドラインを素早く取り入れ、開発者が最新のテクノロジー動向やウェブ2.0時代の高度な技術要求に対応できるよう、支援。日本IBM東京基礎研究所は、ACTFを利用して「IBM Accessibility Internet Browser for Multimedia(aiBrowser)」と呼ぶ視覚障害者のためのマルチメディアコンテンツ閲覧ツールを開発している。これは視覚障害者によるマルチメディアコンテンツへのアクセスの扉を開くテクノロジーだという。

日本IBM
http://www.ibm.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]