日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

セブン&アイがグループサイトを「セブンネットショッピング」に集約 デニーズ、ロフトの商品販売も

集客効率を高めるとともに、ポイント発行などで顧客を囲い込み、売上拡大につなげる

セブン&アイ・ホールディングスは7月26日、グループ各社のECサイトを「セブンネットショッピング」内に集約したと発表した。各社のサイトを集約することで集客効率を高めるとともに、ポイント発行などで顧客を囲い込み、売上拡大につなげる。16年2月期に会員数が現在の2倍にあたる2000万人、流通額は現在の3倍の5000億円に拡大させる。

西武・そごうのECサイト「eデパート」、イトーヨーカドーの「ネットスーパー」などは先に「セブンネットショッピング」内に集約していた。新たにセブンイレブンの夕食宅配サービス「ミールサービス」、赤ちゃん本舗の「eアカチャンホンポ」をサイト内の専門店としてまとめた。今後、雑貨を取り扱うロフトの商品の販売や、デニーズの食品宅配サービスなども集約していく考え。

グループのECサービスを集約化することで、顧客の利便性を高めるとともに、機能面でも統一したサービスとして提供する。今後、リアル店舗とも情報を共有化し、店舗では展開できない商品をネットで取り扱ったり、ネットで注文した商品を店舗で受け取れるサービスも可能にするという。

集約することで買い回り率の向上や、集客コストの低減といった効果が出ている。グループサイトの集約をさらに進めることで売上拡大につなげていく」(広報)としている。

・セブンネットショッピング
http://www.7netshopping.jp/

・セブン&アイ・ホールディングスのニュースリリース
http://www.7andi.com/news/pdf/2007/2012-0726-1338.pdf(PDF)

よろしければこちらもご覧ください

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]