U会話入門

ClickTaleの入力フォーム分析を利用してフォームのコンバージョンをチェックした事例

ページ

[AD]

ClickTaleの入力フォーム分析を利用してフォームのコンバージョンをチェックした事例

ClickTaleには、入力フォーム分析機能(Form Analytics)もあります。特に、

  • フォームの各項目を入力するのにどれくらい時間がかかっているのか

  • フォームのどの段階で入力をあきらめて離脱しているのか

を視覚的につかみやすいレポートが特色です。

ECナビで入力フォーム分析機能を利用した事例を紹介しましょう。図12に示したのは、入力フォーム分析機能の「コンバージョンレポート(Conversion Report)」という、とてもシンプルなレポート画面です。

図12 ClickTaleで分析した入力フォームのコンバージョンレポート。残念ながらClickTaleのインターフェイスはすべて英語なので、英語が苦手な人には厳しいが、さほど難しい英語ではない。

このケースでは、「コンバージョンレートが34%しかないぞ、入力フォームに問題があるんだ! フォームを改善するように!」という指示がでていました。

そこで、ClickTaleでフォームを計測してみました。

すると、実際には「フォームに入力開始した 140訪問」のうち、「フォームを送信した 136件」「フォームの送信を完了(エラーなし) 136件」と、ほとんどの入力者が問題なく申し込みを完了しており、入力フォームそのものは問題がなかったことがわかりました。

むしろ、「フォームのあるページを閲覧した 396訪問」のうち「フォームに入力開始した 140訪問」とあるように、この入力フォームに入力する意思のない人をたくさん誘導してしまっていることが問題だったのです。

このことから、サイト導線やプロモーションを見直すべきだとの結論になりました。

まとめ

コンバージョンのボトルネックは、ユーザー行動にさまざまな形で顕れています。それをつかむ1つの方法として、ページ内のスクロールやマウス、フォーム入力を分析することは有効です。特に明確なインタラクション・シナリオに基づいて作られたWebサイトの場合に、ClickTaleのようなツールは威力を発揮するでしょう。

※Web担編注 ClickTaleは英語が中心なので、英語が厳しい人は、同様にヒートマップ系の分析機能をもっている「ユーザーインサイト」(株式会社ユーザーローカル、有料)を試してみるといいだろう。

この手のツールは、「直感的でわかりやすい」といわれることもあります。しかしながら、「そもそものデザイン意図」「仮説をもって臨む姿勢」がなければ、レポートを開いては途方に暮れることになるでしょう。この点において、他のツールと何らかわることはありません。

「仮説の導出」「精度向上」に課題を感じておられる場合、これらのツールを試用してみる価値はあると思います。

[AD]

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CRO
Conversion Rate Optimizationの略。来訪した訪問者のコ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]