日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

通販利用実態調査 「アマゾン」がトップ JADMA

「消費者が直近に利用した通販事業社」のトップはアマゾンだった

(社)日本通信販売協会(JADMA)は5月31日、通信販売を利用している消費者を対象とした調査結果を公表、「消費者が直近に利用した通販事業社」のトップはアマゾンだった。

「全国通信販売利用実態調査」は今回で18回目。今調査から直近に利用した通販事業者名を公表した。

「アマゾン」の利用率は14.8%で、「楽天市場」9.0%、「ニッセン」8.4%、「千趣会」5.4%が続く。

10年の1年間で通販を利用した割合は、個人利用率が64.5%、世帯利用率が79.6%で、ほぼ前年と同水準だった。

利用した媒体はパソコンがトップで52.8%。以下、国内カタログ33.5%、テレビショッピング25.9%、ダイレクトメール24.1%の順で続いた。

・第18回 全国通信販売利用実態調査報告書
http://www.jadma.org/publications/book_002.html

・日本通信販売協会のプレスリリース(PDF)
http://www.jadma.org/pdf/press/press_20110531riyoujittai.pdf

よろしければこちらもご覧ください

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SCAT
社会調査などにおける質的調査データなどの分析手法の1つ。インタビューなどによって ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]