有名サイト、かってに解析!

ひととおりサービスと料金を調べたら、申し込みページへ

よろしければこちらもご覧ください

ひととおりサービスと料金を調べたら、申し込みページへ

いよいよ申し込みに進んでみよう。前出の図3の「光ファイバーのご案内トップ」ページの右上にある「今すぐお申し込み」ボタンをクリックして表示されるページで、「@nifty光ライフ with フレッツ」コースの「選択」ボタンをクリックすると、「お申し込み」ページ(図8)へ移動する。

図8:フレッツ光の「キャンペーン・お申し込み」ページ
図8:フレッツ光の「キャンペーン・お申し込み」ページ

ここでは、キャンペーンなしの「基本特典のみでのお申し込みをご希望の方」ボタン(赤枠)を押す。すると都道府県の選択画面が出てくるので、そこで自分の居住都道府県を選択する。そうするとタイプ(ホーム、マンションなど)別の料金一覧が掲載されたページが出てくる。このページの一番下に申し込みボタンがある(図9)。本来は申し込みはネットで完結してほしいのだが、これまでさんざんいろいろなページを見てきて、もう限界にきているお客さまもいるだろう。そういったことを想定してか、ここで電話で申し込みができるよう誘導していることは望ましい

図9:申し込みのパターン
図9:申し込みのパターン

図9で電話番号を入力し「今すぐお申し込み」ボタンをクリックすると、「提供エリア確認結果」ページ(図10)で、フレッツ光の「ホームタイプ」と「マンションタイプ」の2つが出てきたので、ホームタイプの方の「選択」をクリックする。

図10:「提供エリア確認結果」ページ
図10:「提供エリア確認結果」ページ

すると、会員種別の選択をするページ(図11)が表示される。ここからがいよいよ申し込み本番だ。

図11で「個人会員」を選択する。次のページはフレッツ光回線の有無で、こちらは引っ越しで新規利用なので「利用していない」を選択しよう。次のページでは「@nifty ID/ユーザー名を持っていない」を選択。次は料金の確認ページなので、「次へ進む」ボタンを押す。

次の「サービス選択」ページ(図12)では、いくつかオプションがあるので、それを申し込むかどうかの選択が必要だ。全部で5つの項目、ラジオボタンから選択する。

図12:ステップ5の最初の入力画面
図12:ステップ5の最初の入力画面
そして「次へ進む」ボタンを押すと、次のステップへ進んだつもりが、また「サービスの選択」ページ(図13)が現れる。少しとまどった。
図13:「サービスの選択」ステップの2回目の入力画面
図13:「サービスの選択」ステップの2回目の入力画面

1つ前のページ(図12)と、同じ選択を一部繰り返しているのだが、これには何か意味があるのだろうか。

次は「規約の同意」ページなので、チェックボックスのすべてにチェックを入れて「上記の規約と個人情報の取り扱いに同意して、次へ進む」ボタンを押す。

続いて「申込情報入力」ページで氏名、性別、生年月日、住所などの情報を入力、「次へ進む」ボタンを押す。次も同じ「申込情報入力」ステップの別の情報入力ページとなる。追加部分はすべてオプションなので、全部無記入で「次へ進む」ボタンを押す。

「支払方法選択」ページでは「クレジットカートを利用する」のラジオボタンを選択し、「カード情報を入力する」ボタンを押すと、別ウィンドウでクレジットカード情報を入力する画面が出てくる。そこで「カード情報を登録する」ボタンを押す。「次へ進む」ボタンを押す。「申請完了」ページが出てくる。これでクレジットカード情報の照会が終了となるので、その画面を閉じて、本体の方の「次へ進む」ボタンを押す。

最後に「申込内容の確認」ページが現れた。これで「上記の内容に同意して、次へ進む」を押していくと申し込みが完了すると思われる。筆者はここまでの実行で終わりとした。申し込みの各ステップはそれほど戸惑うような部分はなくスムーズにいったと思う。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アドワーズ
グーグルが提供する、検索連動型広告/コンテンツ連動型広告に出稿できる、キーワード ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]