日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

厚労省「医薬品通販で調査対象の6割が販売を継続している」

調査した医薬品ECサイトの6割が改正薬事法により禁止されている医薬品を継続販売
よろしければこちらもご覧ください

厚生労働省は6月18日、昨年6月に施行された改正薬事法の定着状況を調べた「平成21年度 一般用医薬品販売制度定着状況調査」の結果報告書を発表した。調査した医薬品ECサイトの6割が改正薬事法により禁止されている医薬品を継続販売しているという結果になった。

医薬品通販に対する調査では、インターネットの検索サイトで「通信販売」「医薬品」で検索し、検索結果の上位5サイトと下位5サイトの10サイトを対象に、覆面調査を実施した。そのうち6サイトで通販が禁止されている医薬品が購入できたという。主に、鎮痛剤や消炎薬などを販売していた。

また、全国の薬局・薬店から抽出した3991店を対象に、民間業者の調査員が一般客を装って購入する覆面調査形式調査も実施。副作用のリスクが高い第1類の販売の際、規定どおり薬剤師が文書を使用し情報提供をしている店は50.5%にとどまり、説明自体を怠っていた店も19.8%あった。

この結果を受けて厚生労働省では、「これまでの対応が不十分だった」との認識を示し、早急に都道府県薬剤師会などを通じ、新売制度の周知と順守の徹底を図りたいとしている。

・「平成21年度 一般用医薬品販売制度定着状況調査」結果報告書
http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/ippanyou/pdf/hanbai_h21.pdf(PDF)
該当箇所(p.49)(PDF)

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

PPC
クリック課金型の広告の総称。しばしば、検索連動型広告のことを指して使われることも ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]