日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

ロックウェーブ EC構築システムaishipをiPhone対応に

将来的にiPhoneから商品購入する比率が高まるとの判断から

携帯通販システム販売のロックウェーブ(滋賀県大津市)は4月1日、モバイルECサイト構築・運用のASPサービス「aiship」(アイシップ)を機能強化し、アップル社製のスマートフォン「iPhone」に対応させた。従来はiPhoneで同社のASPサービスを利用しているECサイトにアクセスすると、パソコン用サイト画面が表示されるため使い勝手が悪かった。今回の機能強化により、iPhoneからは携帯電話用サイトを表示するようにシステムを改善、最適な状態でサイトが閲覧できるようにした。

近年、iPhoneユーザーが増加しており、ロックウェーブの顧客のECサイトにもiPhoneからのアクセスが増えている。将来的にiPhoneから商品購入する比率が高まるとの判断から、システムのiPhone対応に踏み切った。

従来はパソコン用画面がiPhoneの画面に表示されていた。画像データが大き過ぎたり、サイト全体が閲覧できないなど、使い勝手の悪さがネックになっていた。

ASPサービスは顧客にソフトをネット経由でレンタルする仕組み。このようなシステムを利用するネットショップは、少なくても数社、多い企業は数万社がひとつの会社の同じソフトをネット経由で利用している。そのため、ソフトの機能強化や大幅な刷新などには開発時間がかかるとされている。

早くから開発を進めてきたロックウェーブは、「ASPで提供する支援業者で、iPhoneに対応したのは当社が初めてだろう」とコメントしている。

携帯通販(モバイルEC)サイト作成・運営ASP『aiship(アイシップ)』
http://www.aiship.jp/

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ドメイン名
ドメイン名は、インターネット上でコンピュータの属する組織を現したり、最終的にはコ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]