「vibit CMS」 導入成功事例に学ぶケーススタディ(ヴィビットインタラクティヴ)

[AD]
[PR]

vibit CMS は、「使いやすさ」・「リーズナブルな導入コスト」・「簡単な運用」をコンセプトに開発されたCMSです。承認ワークフローや権限設定、公開予約、バックアップ&リストア等の実践的な機能も標準搭載。CSVによるページ生成機能で数万ページの大規模サイトの構築にも対応できるvibit CMSが実際に成果をもたらした導入事例を紹介します。

制作会社への発注にかかるコストや手間を削減したい

 全国61か所のシネマコンプレックスを展開するワーナー・マイカル・シネマズは、各劇場毎にイベントや映画割引サービスの企画・運営を行っている。そのため各劇場のWebサイトを本社で一括に管理することが難しく、リニューアル前は、各劇場が地元の制作会社に制作・更新を依頼していた。既に導入していたCMSはシステムライクなものであり、現場の担当者レベルで容易に更新ができるようなものではなく結果としてタイムラグや多額の更新費用が発生してしまうという問題があった。

 また、各劇場サイトのトーン&マナー(デザイン)を崩すことなく導入できるCMSが求められていた。

ホワイトペーパーのダウンロード
[AD]
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]