Yahoo!のレスポンシブ検索広告(RAS)とは?配信結果と運用時のポイントを紹介

2021年5月に Yahoo! 検索広告でも提供が開始されたYahoo!のレスポンシブ検索広告(RAS)について徹底解説しました。仕組みや入稿要件はもちろん、弊社での運用結果もご紹介しています!Googleのレスポンシブ検索広告(RSA)が主流になっている今を考えると、RASも現段階から早めに導入してみても良いかもしれません。クリック率が高くなった結果もでていますので、ぜひ前向きにご検討ください!
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

2019年には Google 広告で導入が始まっていたレスポンシブ検索広告が、2021年5月12日に Yahoo! 検索広告でも提供が開始されました。

 

【検索広告】レスポンシブ検索広告提供開始のお知らせ – Yahoo!広告

 

Google 広告では既に導入しているものの、Yahoo!広告ではまだ導入できずに検討している段階という方もいるのではないでしょうか。

この記事では、Yahoo! レスポンシブ検索広告の基本的な仕組みや入稿要件、導入した成果を説明していきます。

レスポンシブ検索広告とは

Yahoo! レスポンシブ検索広告(RAS:Responsive Ads for Search)は、タイトルが最大15件、説明文は最大4件まで入稿することができる Yahoo! 検索広告の標準キャンペーンで配信できる広告タイプの1種です。

入稿されたタイトルと説明文は、ユーザーの検索語句などに合わせて、最適な組み合わせで配信されます。組み合わせのロジックは非公開となっています。

なお、Google レスポンシブ検索広告は RSA(Responsive Search Ads)と呼ばれ若干略称が異なります。Google レスポンシブ検索について詳しく知りたいという方は下記の記事もあわせてご覧ください。

 

レスポンシブ検索広告とは?メリットや基本設定、拡張テキスト広告の違いまでを解説

また、Yahoo!広告で似ている広告タイプに「拡大テキスト広告」があります。異なる点として、入稿できるタイトルと説明文の個数が挙げられます。拡大テキスト広告は、タイトルが最大3つまで、説明文は最大2つまでとなっています。

レスポンシブ検索広告の入稿要件

続いてレスポンシブ検索広告を入稿するための要件と各要素について説明していきます。実際掲載される広告例を見ながら要素ごとの条件を見ていきましょう。

「キーワードマーケティング」の検索広告
要素要件
①タイトル最大入稿件数:15件
最小入稿件数:3件
推奨入稿件数:5件以上
文字数:全角30文字(半角60文字)
②説明文最大入稿件数:4件
最小入稿件数:2件
推奨入稿件数:記載なし
文字数:全角90文字(半角180文字)
表示位置の固定固定しない、1番目、2番目、3番目(タイトルのみ)から選択可能
表示URL自動生成されるため入力不要
③ディレクトリ1、2各半角15文字
最終リンク先URL
スマートフォン向けURL
1,024バイト※日本語 URL を利用可能
広告グループあたりの RAS ※

最大配信可能件数:3件(ステータスがオフであれば4件以上可)
最小入稿件数:制限なし
推奨入稿件数:広告グループごとに1件ずつ

 ※入稿要件ではないが、上限数があるため記載

表示位置の固定以外の要素は従来の拡大テキスト広告と変わりません。また、文字数の上限や設定できるアセットの数など、Google の RSA と違いはありません。

必須件数はタイトルが3件、説明文が2件ですが、最低件数だと拡大テキスト広告との差異がほぼなくなってしまうので、推奨件数である5件以上を設定するようにしましょう。

レスポンシブ検索広告の推奨設定と運用のポイント

ここからは実際に配信をするにあたって、Yahoo! が公式でアナウンスしている推奨設定をもとに解説します。

設定に関するポイント

媒体が推奨している設定とその背景をそれぞれ確認していきましょう。

記事の続きはこちら

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ファーストビュー
ブラウザーでWebサイトを表示したときにスクロールせずに最初に見える範囲。閲覧者 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]