バズるTikTok広告|種類・特徴・成功事例をご紹介

本記事ではそもそもTikTokに馴染みがないという方のために、TikTokのカンタンな説明や広告の種類、費用感、効果が出る広告の特徴、成功事例をご紹介します。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

TikTokとは

TikTokとは中国のByteDance社が運営する、誰でもカンタンに最大3分のBGM付きショートムービーを投稿・閲覧できるSNSです。閲覧履歴からユーザーの興味関心にピッタリな動画をオススメしてくれる、AIレコメンド機能が優秀です。

TikTok

ByteDance社から公表されているTikTokの利用者データによると2018年時点での国内月間アクティブユーザー数(MAU)は950万人でした。2021年現在のMAUは公表されていませんが、2020年にはアプリとしてFacebookやWhatsAppなどを抜きダウンロード数世界首位を獲得、2021年上半期にはFecebook製アプリ以外で初めて30億ダウンロードを突破したことから、今後もユーザー数は増加していくと予想できます

日本国内のユーザー人口統計のデータは次の通りです。

TikTokの人口統計

TikTokの人口統計

TikTokは10代や20代が踊っている動画を投稿するSNSというイメージが強く、若者向けのSNSという印象を持つ方は多いかもしれません。しかし実際には30代~40代男性の利用が多く利用しており、TikTok広告は幅広い年齢層に効果的な手法と言えます。

 

>> Grabで続きを読む

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]