2020年WEBマーケティングトレンドまとめ

年が明け、2021年がはじまりました。本日から仕事はじめの方も多いのではないでしょうか。昨年はWebマーケティングにとって大きな意味を持つ1年となりました。今回は昨年のトレンドをまとめ、2021年も広がっていくであろうトレンドを紹介いたします。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2020年はコロナウイルスのパンデミックにより、ほぼすべての業界・業種において「デジタルトランスフォーメーション」が意識されるようになりました。

コロナウイルスはデジタルトランスフォーメーションを10年進めたといわれています。「テレワーク」「ウェビナー」「オンライン商談」という言葉は2019年までは一部の先進的な人間の間で使われている言葉ですが、今では誰しもが当たり前に使っています。

これはWebマーケティング業界にとってポジティブな変化と言えます。

今回「Grab」では、2020年でWebマーケティング業界に起こった変化、2021年のWebマーケティング業界はどうなっていくのかを考えたいと思います。

まずは大きなテーマとして「デジタルトランスフォーメーション」に触れていきます。

 

>> 2020年のWebマーケティングトレンドを見る

デジタルトランスフォーメーション

デジタルトランスフォーメーションという言葉を聞いたことがないという人は少ないでしょう。テレビなどのマスメディアでも日々登場する言葉となりつつあるこの言葉。ほんの1年前までは、「未来」の話と考えられており、認知度はあまり高くありませんでした。

デジタルトランスフォーメーションに関するグーグルトレンド推移
デジタルトランスフォーメーションに関するグーグルトレンド推移

上図は「デジタルトランスフォーメーション」に関するグーグルトレンド推移です。2017年頃から注目を集め始めていますが、2020年5月から一気に注目度が上がっています。

デジタルトランスフォーメーションとは、単なるIT化のことではありません。Zoom会議を取り入れただけではデジタルトランスフォーメーションではありません。

デジタルトランスフォーメーションとは、「インターネット・AI・ビッグデータなどのテクノロジーを活用してビジネスにイノベーションをもたらすこと」です。

コロナウイルス大流行によりリアルな接触が難しい時代となった今、デジタルトランスフォーメーションが主軸となってマーケティング業界に変化を与え続けるでしょう。

>> 2020年のWebマーケティングトレンドを見る

 

「Grab」では上記のデジタルトランスフォーメーションをはじめとした、2020年のWebマーケティングトレンドを4つ紹介しています。引き続き2021年でもトレンドとなるであろう4つですので、トレンドに敏感な方、トレンドを知りたい方はぜひチェックしてみてください。

>> 2020年のWebマーケティングトレンドを見る

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ネイティブ広告
インターネット広告の表示(内容)タイプの1つ。 一般社団法人インターネット ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]