WordPress専用ショッピングカート「Welcart」提供基盤にKUSANAGIが採用された結果

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

プライム・ストラテジー株式会社はコラム「WordPress専用ショッピングカート「Welcart」提供基盤にKUSANAGIが採用された結果」を公開しました。

###

こんにちは、吉政創成 菱沼です。

今回ご紹介する事例はWordPress専用ショッピングカート「Welcart」です。

WelcartはWordPressの国産プラグインとして、2009年にリリースされました。取材を行った当時は17,000超のサイトで稼働していましたが、現在は24,000超のサイトで稼働しているようで、利用数が伸び続けています。それほど多くの利用者がいるWelcartには保守付きホスティングサービス「Welhost」があり、その提供基盤にはKUSANAGIが採用されています。

Welcartの基盤になぜKUSANAGIが採用されたのか、その経緯と利用者で起きた効果についてご紹介します。

■ECサイトこそ表示速度が重要

これまでいろんな会社からWebサイトの表示速度が、CVや直帰率に影響するというデータを公開してきました。それが以下のようなデータになります。

この続きは以下をご覧ください
https://column.prime-strategy.co.jp/archives/column_4065

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]