【ホワイトペーパー】店舗事業者がオンラインに販路を拡大するときに必ず押さえるべき決済スキーム・決済手段・課金方法

本資料では、ECサイト、宅配/テイクアウト、オンラインサービスという3つの業態別に決済スキーム、課金方法、おすすめの決済手段を解説していきます。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

7015F000000b1Sq-L.png

感染症の流行や災害などが発生すると、店舗事業者は営業時間の短縮や休業を余儀なくされる可能性があります。

今日では、そのようなリスクへの対策として、オンラインでの商品・サービスの販売やデリバリー・テイクアウトの注文受付などにより販路拡大に取り組む店舗事業者が増えています。

オンラインへ販路を拡大するにあたっては “決済”についても十分に検討しておく必要があります。自社サービスの業態や顧客層に合った課金方法、決済スキーム、決済手段を提供できない場合、集客や売上が伸び悩み、最悪の場合オンライン販路拡大に失敗してしまう恐れもあるためです。

そこで本資料では、ECサイト、宅配/テイクアウト、オンラインサービスという3つの業態別に決済スキーム、課金方法、おすすめの決済手段を解説していきます。

→無料ダウンロード

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

グーパス
鉄道の改札機を通ったときに、地域情報などの情報を携帯電話にメールで送信するサービ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]