銀行決済とは?種類・メリットや導入方法を解説!

銀行決済をオンラインサービスに導入するメリットと、導入方法をご紹介しています。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

bank_main.png

銀行決済はさまざまな場面で年代を問わず、幅広く利用されてきた決済手段です。
銀行決済にはどのような種類のものがあり、オンライン決済に導入するとどういったメリットがあるのでしょうか。本コラムでは下記2つのポイントを中心に解説します。

1.銀行決済の概要と導入するメリット
2.銀行決済導入時に決済代行会社を利用するメリット

銀行決済とは

銀行決済には、以下の3つの決済手段があります。

1.銀行振込決済
2.Pay-easy(ペイジー)
3.口座振替

日本銀行の調査によると、日常で使う現金以外の決済手段は、金融機関口座からの自動引き落としが63%、金融機関窓口やATMからの振り込みが42%となっており、クレジットカードに続いて銀行決済が広く利用されていることが分かります。

■日常で使う現金以外の決済手段(複数回答)

bank_01.png

→続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]