フリーランスSNSディレクターの働き方~矢嶋巧さんインタビュー

ディレクターバンク株式会社の企業向けデジタルマーケティング運用代行サービス「Web担当アシスト」で活躍する、多彩なディレクター・インタビュー第一回。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ディレクターインタビュー

ディレクターバンク(略してディレバン)の烏田です。ディレバンでは、企業のデジタルマーケティングの運用代行サービス「Web担アシスト」を提供しています。

「Web担アシスト」では、企業のデジタルマーケティング活動における様々な課題に合わせて、ディレクターを中心に運営チームを作り、チームワークで課題解決に取り組みます。

そのためディレバンでは、様々なバックグラウンドを持った、多彩なディレクターたちとつながっています。今回は、そんなディレクターのひとり、SNSディレクター・矢嶋 巧(やじま たくみ)さんに突撃インタビュー。

矢嶋さんは、青果市場で競りの仕事をしていたこともある、デジタルマーケティング界隈では異色のキャリアの持ち主です。

SNSディレクターになった経緯から、現在の働き方のこと、仕事の楽しさ、やりがいまで、矢嶋さんのキャリアライフについてお伺いしました。

続きはディレクターバンクブログをご覧ください。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]