新しくなったGoogle Cloud Platformを利用するには?

よろしければこちらもご覧ください

以前、Googleマップの課金範囲について紹介しましたが、今度は実際に有料の内容で運用してみましたのでご紹介します。
 

MAP APIを使用し、サイトに掲載した地図のマーカーや地図の色を変更し、地図内にコメントを付与してみました。まず、地図を表示するにはAPIキーが必要です。

APIキーは、Google Cloud Platformでプロジェクトを作成し、APIを有効にすることと、認証情報を作成メニューからAPIキーを選択することで取得できます。

キーのところに記載されている文字列がAPIキーです。これを、Mapを掲載するサイトのAPIに指定することで利用できます。
しかし、このままでは生成したキーを誰でも使用できてしまいますので、必ずキーの制限を設定しましょう。


キーの制限は、APIキーのアプリケーションの制限から設定することができます。また、APIとサービスのダッシュボードから、運用の結果が見られます。・・・

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w003_201902.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]