ランディングページって何?~Webサイトとランディングページの違いとは 後編~

よろしければこちらもご覧ください

ファーストビューでユーザーの関心を引くことができたら、次は本文で購買意欲へ変えていくことを目指しますが、それにはコンテンツの配置順位がとても重要となります。後編となる本記事では、ランディングページの定番の構成についてお話したいと思います。
-----------------------

【前編、まだお読みでない方はこちらからどうぞ!】
ランディングページって何?~Webサイトとランディングページの違いとは 前編~
・ランディングページとは
・普通のWebサイト制作と何が違う?
・関心を持って読み進めてもらうことが必須
・ユーザーがファーストビューで判断することって何?

-----------------------

一般的なランディングページの構成

ランディングページの構成要素として、以下の5項目を網羅すると有効と言われています。みなさんが目にするランディングページでも、思い起こすとこういったものが多いのではないでしょうか?

1、導入部分で、きっかけをつくります 

人は、商品・サービスを購入する際に、商品自体よりも「この商品を使うと何が良いことがあるの?」(利益・恩恵・ベネフィットなどと呼びます)という点を調べようとします。導入部分で、この商品・サービスに共感してもらい、もっと知りたい!と思ってもらいましょう。

例えば)
   こんな悩み、ありませんか?
   1.季節の変わり目はカサカサ肌荒れに
   2.体調の変化でニキビや乾燥肌に
        ↓
   当てはまる方は、この先をお読みください

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/w008_201812.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

クリエイティブ
広告やデザインにおける、作品そのものや作品に使われている素材のこと、または、そう ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]