20の新サービス発表のあった今年のAWS re:Invent

20の新サービス発表のあった今年のAWS re:Invent
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

11月28日(米国時間)、米ラスベガスで開催されたAWSの年次カンファレンス「AWS re:Invent 2018」(11/26~11/30)。AWSのアンディ・ジャシーCEOのキーノート講演を中心に、さまざまなオンラインメディアで取り上げられています。さまざまな機械学習関連の新サービス、サーバレスの推進、そしてAWSがついに始めたブロックチェーン関連のサービスなど、AWSはさらにさまざまな新サービスを加速して提供していく姿勢が感じられたre:Inventだったようです。

20の新サービス発表のあった今年のAWS re:Invent

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

指定事業者
日本レジストリサービス(JPRS)が認定する「JPドメイン名登録申請やDNS登録 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]