AWS re:Invent 2016にみる開発環境としてのAWS

AWS re:Invent 2016にみる開発環境としてのAWS
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

re:Invent 2016では、AWSがこれまでのホスティングベースの提供から
アプリケーションの開発・デバッグまで一貫した環境を提供する存在と変わっていくことになる
開発を支援するサービスをふたつ発表しています。開発を支援するサービス「AWS CodeBuild」、
デバッグや分析などを行うサービス「AWS X-Ray」を紹介します。

 

AWS re:Invent 2016にみる開発環境としてのAWS

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]