第1回AI・人工知能EXPOにみる人工知能利用の広がり

第1回AI・人工知能EXPOにみる人工知能利用の広がり
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

2017年6月28日から30日にかけて開催された「第1回AI・人工知能EXPO」。人工知能関連のサービスを手がける企業が110社ほど出展、来年の第2回では規模を3倍にして開催すると主催側から発表もされています。人工知能の導入支援サービスやディープラーニングを簡単に扱えるようにしたソフトなどの展示から、AIを利用したロボットなどの機器の展示、AIの学習用の大量データをクラウドソーシングで収集するサービス、AI活用のWeb接客まで幅広い展示はAIの今後の広がりを感じさせてくれるものです。テレビのニュースなどでも取り上げられていましたが各種オンラインメディアのレポートからピックアップして紹介します。

第1回AI・人工知能EXPOにみる人工知能利用の広がり

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

属性型・地域型JPドメイン名
日本のドメイン名である.jpドメイン名の、さらに細かい種別の1つ。正式には「属性 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]