AWS re:Invent2016 にみるAWSの向かう先とAI関連サービスの大幅な拡充

AWS re:Invent2016 にみるAWSの向かう先とAI関連サービスの大幅な拡充
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

毎年、AWSの新サービスが発表されるre:Invent。AI分野のサービスでやや出遅れ感のあったAWSがAmazon AIの強力なラインアップを発表。オンラインメディアでの取り上げ方としてもAIが一番多いようです。そのほかにも、コンピューティングパワーの拡充からDB機能の強化、Serverless、バッチ処理など、今年もさまざまなサービス拡大を発表しています。
キーワードは”New Normal”から”Super Power”へ

とくに、今年は、AIに関する大きなサービスラインアップの拡充も発表されています

AWS re:Invent2016 にみるAWSの向かう先

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]