2018も終わりに向かう中でのビッグデータ、AI、IoTへの人々の意識の変化

2018も終わりに向かう中でのビッグデータ、AI、IoTへの人々の意識の変化
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿です:
  • 編集部の見解や意向と異なる内容の場合があります
  • 編集部は内容について正確性を保証できません
  • 画像が表示されない場合、編集部では対応できません
  • 内容の追加・修正も編集部では対応できません

特定の技術の成熟度、採用度、社会への適用度を示すものとして「ハイプ・サイクル」というものがあり、特にまず特定の技術がいったん注目された後に「幻滅期」というものを経るという考え方はかなり浸透しているかと思います。ガートナージャパンが10月に発表した調査によると、AIやIoTは幻滅期に入りつつありビッグデータは幻滅期の谷底から上昇中とのこと。ここ何年か注目されてきたAI、IoTそしてビッグデータに対する最近の意識の変化を感じさせてくれる記事をオンラインメディアの中からピックアップして紹介します。

2018も終わりに向かう中でのビッグデータ、AI、IoTへの人々の意識の変化

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

重複コンテンツ
同じドメイン名内、または他のドメイン名にわたって存在する、「内容は同じだがURL ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]