多言語翻訳はAIのニューラル機械翻訳で全て解決できるか?

※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

ニューラル・ネットワークを用いた機械学習の精度が向上し、ディープラーニングと呼ばれるパターン学習の水準が飛躍的に高まりました。
これを翻訳に応用しているのが、ニューラル機械翻訳と呼ばれるものです。
このAI翻訳の分野は日進月歩、日々進化を遂げていることは間違いありません。
今回のコラムでは、進化過程のニューラル機械翻訳をいかに今の翻訳ビジネスに生かしていけるのか?この点を考えてみたいと思います。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l005_201811.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ビューアビリティ
ビューアビリティ インターネット広告が「閲覧者が見られる状態にあるか」の観 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]