翻訳会社アレこれ~vol.15人工言語の翻訳できますか?~

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 

シトラスジャパンで扱う多言語の数は30種類以上、実際に私がこれまで関わってきた言語の数がいくつだったかと言うと、だいだい25言語くらいでしょうか。。

ある時、漫画のセリフを翻訳して欲しいというご依頼がありました。広告の原稿でひとコマごとのセリフの言語を変えて翻訳していくというオーダーで、全部で15種類くらいの言語の数になるのですが、そのなかに聞き慣れない外国語がひとつありました。

 

エスペラント語

 

正直なところ最初は思い出せなくって、どこかで聞いたことがある名前だけど、さて、どこの国の言葉だったかな?少なくとも弊社では扱っていないので、懇意にしている委託先のTさんに聞いてみたところ、どこの国の言葉でもない「人工言語」なのだとか。
中学生くらいのときに、世界の人々が共有できるための国際共通語というのがあると聞いたことがありましたが、ああそれだ!でも、結局のところ普及しないままこの世から消えかけているものとばかり思っていたのです。ところが、この「エスペラント語」なんと!驚くべきことにGoogle翻訳にもちゃんとあったのです。

 

▼続きはこちら▼
https://citrusjapan.co.jp/column/cj-column/l001_201809.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CPA
顧客獲得単価を意味する略語。新規顧客を獲得するのに、1人あたりいくらかかったかを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]