大企業におけるカスタマー・アイデンティティ・マネジメントソリューションの実装をいかに進めるか【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

GIGYAのプラットフォームとチームは、700社以上での経験をもとにそれらの課題の解決に取り組んでまいります。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 複数のリサーチ会社が明らかにしているように、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントは、インターネット時代の膨大な匿名のビジターを理解し、ロイヤルカスタマーに変えていく力を企業に与えます。また、カスタマー・アイデンティティ・マネジメントは、変化を続けるグローバルのデータプライバシーコンプライアンス要求に応えるべくよりセキュアなカスタマー・プロフィール管理のための効果的なソリューションでもあります。

 不幸なことに、大企業レベルの実装作業にかかわったことのある方なら誰でもご存知かと思いますが、カスタマー・アイデンティティ・マネジメント・ソリューションの実装において「魔法のショートカット」はありません。多国籍の大組織においては、以下のような恐るべき課題に直面しているのです。

この記事の続きを読む

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]