創業70年の老舗カメラ専門販売会社 ナニワ商会様の導入事例を公開しました!

卸サイト開設によって、営業体制の再構築に成功された活用事例の紹介となります
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社 Dai(本社:京都市下京区、代表取締役:木脇和政)は、BtoB EC・Web受発注システム「BカートASP」の導入事例として、カメラの専門店として1947年に大阪心斎橋で創業した、株式会社ナニワ商会様(本社: 大阪市中央区、グループ代表: 塩山 知之 以下、ナニワ商会)の導入・活用事例を2017年10月02日に公開いたしました。

卸サイト開設によって、営業体制の再構築に成功された活用事例の紹介となります。

■ナニワ商会様導入事例はこちら:https://bcart.jp/uservoice/camera-naniwa/

【導入までの経緯】
訪問営業ばかりでは新規開拓が難しいと判断し、ECサイトを立ち上げることに決めたナニワ商会様。顧客との最初の接点がリアルからネットに移行し、営業社員の役割が徐々に変化してきたこともあり、従来の営業手法を抜本的に変えていくために法人向け(卸)ECサイトを立ち上げることに。導入コストも低価格で、早期構築のためクラウド(ASP)が適していると考えBカートASPを選択されました。

【導入後の成果】
ECサイトの開始で、営業スタイルも変化し、これまで接点を持つことができなかったフリーランスの方には、フェイスブックやインスタグラムなどSNSでアプローチしているとのこと。従来の電話やFAX注文による顧客からの問い合わせが減少したことで業務効率が向上し、商談のその場でECサイトから受注することができるようになったため営業効率もアップしています。

-----------------------

【株式会社ナニワ商会】

〒530-0012

大阪府大阪市北区芝田2-1-18 西阪急ビル6F
http://www.cameranonaniwa.co.jp/

BtoBサイト:http://728oroshi.jp/

取扱商材:工業用品・資材・AVパーツ(写真・撮影機材)

運用形態:ネット卸

導入目的:営業体制の再構築・業務負荷の軽減

従業員数:国内拠点 約200名、海外拠点約100名

 

【BカートASP】

https://bcart.jp/
BtoB EC・Web受発注システムの「BカートASP」。
BtoB専用だから、BtoC向けのショッピングカートシステムでは対応が難しい複雑な取引条件やシステム要件にも対応し、システムのスクラッチ開発・カスタマイズではネックとなる開発コストや納期といったリスクも、クラウド型サービスだから最小に抑えることができます。
 

■プレスリリースに関するお問い合わせ先

B2Bソリューション事業部 :芦田

メール:info@bcart.jp

 

■サービスに関するお問合せ

BカートASPサポートセンター

E-mail: support@bcart.jp
TEL: 050-3188-1110

 

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]