EC化率95%で業務負荷を大幅軽減。 ジック・ジャパン株式会社様の導入事例を公開しました!

「Bカート」の導入事例として、競技用の自転車「BMX」および部品販売を行う、ジック・ジャパン株式会社様の導入事例を公開しました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

株式会社 Dai(本社:京都市下京区、代表取締役:木脇和政)は、BtoB EC・Web受発注システム「Bカート」の導入事例として、競技用の自転車「BMX」および部品販売を行う、ジック・ジャパン株式会社様(本社: 神奈川県横須賀市、代表: ユングニッケル 憲 以下、ジック・ジャパン様)の導入・活用事例を2018年9月4日に公開いたしました。

 

卸売り専用のBtoB-ECサイトの開設により、業務効率化に成功した活用事例の紹介となります。

■ジック・ジャパン様導入事例はこちら:https://bcart.jp/uservoice/jykk-japan/

1997年に新規事業としてスポーツ用品の販売を始めたことをきっかけに、「BMX」という競技用の自転車および部品販売を行う。もともと紙カタログを使用しての電話・FAXでのアナログ受注だったが、自転車のパーツが多様化する中での在庫管理・受注業務が負担に。こうした経緯から2013年に卸売り専用のBtoB-ECサイト「ジック・ジャパンBtoB」の立ち上げに至る。

 

【導入までの経緯】

業務のEC化を進めるにあたり、様々なシステムを選定していたというジック・ジャパン様。

一般消費者との取引を主体としたBtoCのカートシステムは多くあったものの、BtoB取引に特化したサービスは「Bカート」以外無く、またBtoBならではの商習慣や多様な条件に対応しつつも、分かりやすく・シンプルなシステムだったことが、導入の決め手になったとお話し頂きました。

 

【導入後の成果】

これまでは、取引先との受注時に、数十ページにわたる紙カタログを見て、電話で在庫状況を確認しながら進めなければならず、双方の負担の増加・在庫確認の間でのミス等が生じていたとのこと。

導入後のECサイトからの注文率は約95%。電話やFAXによる注文はほぼ無くなり、業務負担の軽減に成功されました。FacebookやInstagramなどのSNSで、BMXに関する情報発信に時間を充てられるようになり、今まで以上にマーケティング業務に力を注ぐことが出来るようになったそうです。

 

 

【ジック・ジャパン株式会社】

〒240-0105

神奈川県横須賀市秋谷2-16-1

https://jykkjapan.com/

 

BtoBサイト:http://order.jykkjapan.com/

取扱商材:サイクル・パーツ(BMX関連の自転車部品)

運用形態:クローズド

従業員数:6人

_______________________________

■Bカート:https://bcart.jp/

BtoB EC・Web受発注システムの「Bカート」。
BtoB専用だから、BtoC向けのショッピングカートシステムでは対応が難しい複雑な取引条件やシステム要件にも対応し、システムのスクラッチ開発・カスタマイズではネックとなる開発コストや納期といったリスクも、クラウド型サービスだから最小に抑えることができます。

■株式会社Dai
代表取締役:木脇 和政
所在地:京都府京都市下京区二帖半敷町646 ダイマルヤ四条烏丸ビル5F
設立:平成6年9月1日
URL:https://dai.co.jp

■プレスリリースに関するお問い合わせ先
B2BソリューションDiv :芦田
メール:info@bcart.jp

■サービスに関するお問合せ
Bカートサポートセンター
E-mail: support@bcart.jp
TEL: 050-3188-1110

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

スローアウェイドメイン
使い捨てる(throwaway)ことを前提に取得されたドメイン名。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]