カスタマー・アイデンティティ・マネジメントプラットフォームへのデータ移行についてのベストプラクティス【カスタマー・アイデンティティ市場動向】

GIGYAでは、古いデータ管理システムからのデータ移行についても豊富な経験を有しています。
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

 カスタマー・アイデンティティ・マネジメントは、ガートナー社やフォレスター・リサーチ社からも注目される分野ですが、顧客についてのデータが不十分であったり、そもそもデータが不足していては十分に有用なものとはなり得ません。企業が新しいカスタマー・アイデンティティ・マネジメントソリューションに移行する際には、以前のソリューションからデータを移行させるとともに、複数のソースからのデータをマージすることがよく行われます。今回は、この課題についてGIGYAがどのように取り組んでいるかについてご紹介します。

 2016年には、GIGYAのグローバル・サービス・チームは160件以上のデータ移行プロジェクトを手掛け、計1.1億件以上のデータについて、複数のソースからの異なるデータのマージを含めて古いシステムからGIGYAのクラウドベースのSaaSプラットフォームに移行させました。最大のプロジェクトは、一度に3,000万件のデータを移行させたものです。

この記事の続きを読む

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google爆弾
Googleに限らず、検索エンジンでネガティブな言葉を入力すると特定のホームペー ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]