SEOキーワード選びに優れたツール「キーワードファインダー」

キーワード選定をもっと楽にするツール「キーワードファインダー」
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

みなさんはキーワード選定に使うツールは決まっていますか?
キーワード選定にあなたはいくつのツールを使いますか?

2つ以上のツールをお使いの方は「キーワードファインダー」を使ってみてはどうでしょうか

これを使えば、関連語・難易度・競争度・関連度など、すべて自動で取得してくれるという
優れもの。今までキーワード選定に複数のツールを使っていたのがこれ1つで十分になります。

キーワード選定ツール「キーワードファインダー」https://keywordfinder.jp/

キーワード、自社サイト、競合サイトを登録するだけで
自動で新しいキーワード(検索数+難易度+関連度+競合)を自動取得してくる面白いツールです。
https://keywordfinder.jp/

キーワードファインダーが優れているポイント

1.毎日自動で新しいキーワードを自動取得
  毎回、ツールにキーワードを入れて関連語を探す手間がなくなります。
2.自動取得してきたキーワード情報も自動取得
  「月間検索数」「難易度」「関連度」もキーワードごとに取得
3.検索数を調べる
  キーワードのボリュームを調べます。
  難易度が低く、関連性が強いキーワードでも数が少ないと意味がありません。
4.競合サイトを7サイト登録可能。キーワードが競合サイト何社が自分より上位にいるか分かります。

[キーワードファインダーで取得してきたデータ(画像)] 取得データはこちら
[詳しい情報] キーワード選定の作業を短く

キーワード選定のポイント

  • 月間検索数が多い、難易度:低い、関連度:多いキーワードを選ぶ
  • 検索ユーザーが想像しやすいキーワードにする
  • ユーザーにとって価値のあるコンテンツが制作できそうなキーワードにする
  • 競合サイトに勝てそうなキーワードにする

どうですか?キーワードファインダーを使えば例えば今までの作業を自動化してくれます!
キーワードファインダーは初期設定をしっかりすれば、あとは自動で新しいキーワードを取得し、必要な情報を自動取得してくれるので毎回キーワード選定に必要だった作業がなくなります。
ただ、ログインして自動取得したデータからキーワードを選ぶだけです。

ただいま体験キャンペーン延長!期間限定ライト版が使える!

通常:スタンダード版¥50,000/月 登録サイト数:3 管理キーワード:2,000
キャンペー期間中:ライト版¥30,000/月 登録サイト数:1 管理キーワード:500

詳しくはこちら

キーワードファインダー「体験キャンペーン」5月31日まで!

キーワードファインダー概要

https://keywordfinder.jp/
・関連キーワードを自動取得
・関連度、難易度、検索数をキーワードごとに自動で取得
・自動分類機能
・cpc(平均クリック単価)も自動取得 ※β版
・スマホ、海外サイトにも対応
・簡易SEO診断機能
・URL逆引き順位取得機能

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

デッドリンク
Webページに貼られたリンクの中でリンク先が存在しないか、何らかの理由でアクセス ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]