関数仕様編 その5(参照について その2)

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

ヒューマンリソシア株式会社はコラム「関数仕様編 その5(参照について その2)」を公開しました。
参照について、の弐回目でございます。
前回書きました「copy-on-write」を加えた、より「正しいところに近い」PHPの変数管理を見ていきたいと思います。
コードは、まず「参照による代入」を、次に「通常の代入」を見ていきます。
「参照による代入」は前回の復習込みなので、前回の話が「バッチグー(死語)」な方は
前半はすっ飛ばしていただいて問題ないです。

$a = 10;
$b = &$a;
$a ++;
$b ++;

このコードを分解していきます。

変数名を管理するテーブル

変数名
値が入っている所の行数

実際の値を管理するテーブル

行数
変数の型

$a = 10;
変数名を管理するテーブル

変数名
値が入っている所の行数

a
1行目

実際の値を管理するテーブル

この続きは以下をご覧ください
http://resocia.jp/column/1547/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

XMLサイトマップ
検索エンジンに対して、サイト内にあるページをリストアップして伝えるファイル。XM ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]