Apple、Microsoft、そしてAdobeが取り組みを強化するクリエイティブツールとしてのモバイルの未来

Apple、Microsoft、Adobeなどの取り組みからモバイルツールをクリエイティブ作成のためのツールとして利用していく動きを考察した
よろしければこちらもご覧ください

現在のモバイルシーンの始まりとも言えるiPhoneの登場からすでに7年が経過し、世界的にモバイルの活用に大きなうねりが生じつつあります。特に、モバイルツールをクリエイティブ作成のためのツールとして利用していく動きにその傾向は顕著です。今回はそうした動向をApple、Microsoft、Adobeなどの取り組みから見ていきます。

「創造する」ツールへの変化を狙うApple

まずAppleの動向ですが、2015年6月9日にサンフランシスコのモスコーンセンターで開催されたWWDCでは残念なことに、イノベーティブなデバイスの発表はありませんでした。WWDCに先立ち2015年4月に発売が開始されたApple Watchがあるものの、現状ではまだまだiPhoneのノーティフィケーション機能に過ぎません。

参考:【WWDC 15 参加レポート】一連のセッションを通じて感じたアップルの『本気』
http://handbookapp.net/jp/blog/2015/07/01/wwdc15-report-apple-seriousness/

Appleからライフチェンジングなデバイスが登場してくるのは少なくとも今秋まではお預けとなります。昨年あたりから話題に挙がっているiPad ProやOS Xが動作するiPadなど、周辺の噂は尽きませんので今後に期待が集まります。

そして、今回のWWDCで発表されたiOSのマルチタスクや画面分割、そして iPad Proなどの噂は、Appleのひとつの方向性を示しているとも考えられます。 それはiPadが「閲覧機器」という概念を超越し、クリエイティブな「創造機器」として変化を遂げる、というものです。そうした動きに合わせてAppleはクリエイティブ系のアプリもリリースしてくることが見込まれます。デスクトップ、ラップトップといった既存のデバイスを前提としたものではなく、全く新しい概念のもと動作をするアプリ、そうしたところにも今後、注目したいところです。

続きはこちらのサイトでご覧ください
http://handbookapp.net/jp/blog/2015/08/10/apple-microsoft-adobe-creative...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    1. 「仕事で使えるモバイル」へシフトアップするMicrosoft
    2. Adobeが目指す、モバイルの併用が新たな体験を生み出す世界
    3. モバイルならではの伝え方に対応したコンテンツ制作とは
    4. ウェブサイトだけどウェブサイトではない!?
      MicrosoftとAdobeが出したコンテンツ制作ツール
    5. まとめ

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    よろしければこちらもご覧ください
    この記事が役に立ったらシェア!
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く
    みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
    • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
    • 事例やインタビューも見逃さない
    • 要チェックのセミナー情報も届く

    Web業界の転職情報

    もっと見る
    Sponsored by

    人気記事トップ10(過去7日間)

    今日の用語

    ディレクトリ
    Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

    連載/特集コーナーから探す

    インフォメーション

    RSSフィード


    Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]