RailsとSinatraで同じアプリを作るとどちらの作業量が多い?

よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

CTC教育サービスはコラム「RailsとSinatraで同じアプリを作るとどちらの作業量が多い?」を公開しました。
このコラムはトランスネット社が提供しているコラムです。

 みなさんこんにちは!今月から始まったこのコラムでは、海外で話題に挙がったRuby on Railsネタを提供していきます。

 今月のネタ元はこちらです。

 『Rails vs. Sinatra by Example』

 「例から見るRailsとSinatraとの違い」ですね。
Rails以外のフレームワークも見てみると、Railsの特徴を再確認できるのではないでしょうか。

 RubyではRuby on Railsが飛びぬけて有名なフレームワークですが、Sinatraという軽量フレームワークも人気があります。[Wikipedia](http://ja.wikipedia.org/wiki/Sinatra)によると、アップルやBBCなど多くの企業でも使われているようですよ。

両者の特徴をサラッと確認してみましょう。

Rails

発表年:2004年
作者:David Heinemeier Hansson
特徴:MVCベース、いろんなものを自動生成

Sinatra

発表年:2007年
作者:Blake Mizerany
特徴:MVCに基づかない、必要最低限の機能のみ

ネタ元では、RailsとSinatraでそれぞれ同じアプリを作り、Herokuにデプロイしています。アプリの機能は以下の通りです。

この続きは以下をご覧ください
http://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans01.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーバーチュア
検索連動型広告(PPC広告)の「スポンサードサーチ」やコンテンツ/行動連動型広告 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]