O2Oを加速させる新技術「iBeacon」とは(後編)

O2O、オムニチャネルにおける効果が期待される「iBeacon」について、2回に分けてご紹介。後編では、代表的な事例を通じて活用のヒントを探りながら、導入にあた
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

前編では、意外と誤解の多いiBeaconの定義、仕組み、特徴について整理しましたが、後編となる今回は、代表的な事例を通じて活用のヒントを探りながら、導入にあたる注意点をお伝えします。

前編はこちら(別ウインドウで開きます)

概要

  • 「iBeaconを使って、どんなことができるの?」―― iBeaconの活用例
  • iBeaconは登場して1年余りで、既に多くの企業や団体が積極的に取り入れています。店舗に近づいたらクーポンやお得情報を配信する、チェックイン地点に到着したらスマートフォンでスタンプラリー、博物館や美術館で展示品の前に来たら解説を表示する、観光スポットの近辺にきたら詳しく案内を表示する、お洋服に近づくとコーディネートの提案が表示される…など、活用シーンはまだまだ拡大中です。それでは、実際にいくつか事例をご紹介します。

  • 「iBeaconはこんなに良いならすぐに導入したい!」―― iBeaconの注意点

- セキュリティの問題

- 利用条件の制限

- 電波法の制約

本コラムの全文はこちら(別ウインドウで開きます)

 

Webやアプリに関するコラムを配信しています!

■株式会社マイクロウェーブ

株式会社マイクロウェーブは、Webを活用した事業戦略立案、マーケティング、
Webサイト構築、Webシステム開発から、スマートフォン/タブレット用アプリ
ケーションの開発等を行っています。

HP: http://www.micro-wave.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]