O2Oを加速させる新技術「iBeacon」とは(前編)

O2O、オムニチャネルにおける効果が期待される「iBeacon」について、2回に分けてご紹介。前編では、基本の定義、仕組み、特徴を整理していきます。
よろしければこちらもご覧ください

最近よく耳にする「iBeacon(アイビーコン)」という言葉、ご存じの方も多いではないでしょうか。2013年6月にアップル社の発表会でiOS 7の標準機能として初披露されて以来、関連製品やサービスが次々と登場し、ますます注目度が高まってきています。消費者への新しいアプローチ手段として、O2Oやオムニチャネル対策といったマーケティング効果が期待され、今後更に普及していく見込ですが、商品・サービスの提供者としてはもちろん、利用者として関わる可能性も大いにあるため、知っておくべきキーワードとも言えます。

そこで本コラムでは、「iBeacon」にまつわる疑問を解きながら、その定義や仕組み、特徴、実用例、また注意点を、前後編の2回に分けてご紹介していきます。

本コラムの続きはこちら


目次

  • 「“iBeacon”と“Beacon(ビーコン)”は同じなの?」―― iBeaconの定義
  • 「iBeaconはどうやって動作するの?」―― iBeaconの仕組み
  • 「iBeaconと、他の測位技術や無線技術との違いは?」―― iBeaconの特徴

 

Webやアプリに関するコラムを配信しています!

■株式会社マイクロウェーブ

株式会社マイクロウェーブは、Webを活用した事業戦略立案、マーケティング、
Webサイト構築、Webシステム開発から、スマートフォン/タブレット用アプリ
ケーションの開発等を行っています。

HP: http://www.micro-wave.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]