デジタルサイネージRuby開発事例をトランスネットが公開しました。

デジタルサイネージRuby開発事例をトランスネットが公開しました。
よろしければこちらもご覧ください
※この記事は読者によって投稿されたユーザー投稿のため、編集部の見解や意向と異なる場合があります。また、編集部はこの内容について正確性を保証できません。

デジタルサイネージRuby開発事例をトランスネットが公開しました。

本事例はデジタルサイネージシステムのリプレース案件となります。当システムご利用のお客様の要件としては、タイムラインに沿ったイベント情報を案内板として表示したい、及び、複数の大型ディスプレイに表示する内容は同一のコンテンツではなく別々のものを表示したいという点のみでした。デジタルサイネージシステムは一般的に高価なシステムとなりますが、本システムでは、デジタルサイネージシステムにありがちな利用しない不要な機能を大幅に削減し、利用したい必要機能に特定し、利便性を追求したシンプルなデジタルサイネージシステム(サインボード)を目指しました。

事例の詳細資料は以下よりダウンロードできます。
興味がある方は是非ご利用ください。
(個人情報の登録が必要です)
https://www.transnet.ne.jp/success/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード注目度
キーワードがページ内で目立つ場所にあるかどうかを示す指針。“キーワードプロミネン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]